news
タイトル Visidot導入事例
内容

Logistics Business IT, July 2009記事
Barcode or RFID Visidotの特性を解説
http://logisticsbusinessit.com/magazine/digital/09_july/

 

食品のトレーサビリティの重要性は、人の生活環境を守るために不可欠の要素になっています。Produce Business 2009年1月号では、食品安全の観点からTraceability 10 Questionsとして動向を伝えています。
http://www.imageid.com/_Uploads/dbsAttachedFiles/Produce_Business0109.pdf

 

フランス最大手の鶏肉業者であるLDC社は、同社のブルゴーニュの流通センターに出荷作業の更なる効率化のため、いままで使用していた一般のバーコード・スキャナー方式に替えImageID社のVisidotシステムを導入した。この導入により出荷業務の正確性と効率化の向上と、食品安全のサプライ・チェーンが構築され、ロジスティックの効率化とコスト削減が図れる事になった。
http://www.imageid.com/?CategoryID=185&ArticleID=201

 

英国大手鮮魚加工業のSeaChill社は、最大の納入先であるTesco社とのより緊密な情報処理体制構築のため、従来のVisidot処理に加え出荷ゲートにVisidotステーションを追加し、Tesco社に出荷と同時に出荷情報(ASN-Advanced Shipping Notice)が提供され、更なる効率化が図られことになった。
http://www.imageid.com/?CategoryID=185&ArticleID=205

 

ビール業界にVisidotソリューションの提案
一般的にビール製造業ではKegと呼ばれる貯蔵出荷用の金属樽を大量に保有している。このKegのコストは一般的に8000円から10,000円程度といわれており、15年から20年程度の継続利用が期待されているが、実態はとてもその期間には届かない(3-5年)。一方では毎年のように20-30%近くの追加が行われており、出荷量の伸びと対比しても如何に行方不明や返品されないKegが多いかを物語っている。Kegの材質は金属であり又貯蔵が液体である事から、昨今のRFIDタグの利用は不適切で、Visidotの利用がKegの管理に一つの解を示している。
http://www.imageid.com/_Uploads/dbsAttachedFiles/Brewing_Beverage_Industry_International_2009s.pdf

 

ドイツ大手食肉業であるWestfalenland社はこの度Visidotソリューションを採用し、サプライ・チェーンの構築で出荷作業の効率化を行う事となった。同社では毎日60万ケースに及ぶ出荷を行っており、出荷業務の正確性と効率向上を目指すと共に、食品安全の面からVisidotの導入を決定した。
http://www.imageid.com/?CategoryID=185&ArticleID=224

 

スペイン大手の食肉加工業でヨーロッパ、ロシアなど40カ国以上に販売網を持つCampofrio社は2億5千万以上の消費者に届ける商品の出荷検査効率化のため、AIDCソリューションの構築をZetes社の協力を得てVisidotシステムが
完成した。個々の消費者から受けた受注内容と出荷商品は、情報処理システム、ADAIA、と連動し、即座に検証され出荷前検査が完了する“made-to-measure”ソリューションが稼動した。
http://www.zetes.com/en/fiches/corporate/media-centre/news/2008/081209-campofrio.cfm



copyright(c)2009 Solutions. All rights reserved.
?